WordPress

ASPアフィリエイト(a8.net)のサイトをAMP対応するのは時期尚早と考える理由

2021年2月14日

SEOの対策の一環で開設しているサイトをAMP化しようと考えている人がいるかと思いますが、私の経験を紹介したいと思います。状況によってはAMP対応するのは、まだやめておいた方がよいかもしれません。

AMP対応する価値があるサイトとないサイトがある

手持ちのサイトをいくつかAMP対応してみて気づいたことがあります。それは、AMP対応する価値(AMP対応する労力に見合う)があるサイトとないサイトがあるということです。

どういったサイトがAMP対応する価値があって、どういったサイトがAMP対応する価値がないのか、思い至った経緯を書きたいと思います。

どのようなサイトをAMP対応しようとしたか

実際にどのような条件のサイトでAMP対応したのか、まずはその辺りを明確にしておきます。

AMP対応を検討したサイト情報

いずれもWordpressでサイト構築をしており、テーマにLuxeritasかAffinger5 EXを利用し、アフィリエイトとしてはGoogle AdsenseかASPアフィリエイトを利用しています。

  • Luxeritas、Google Adsense
  • Luxeritas、Google Adsense & ASPアフィリエイト(a8.net)
  • Affinger5 EX、Google Adsense & ASPアフィリエイト(a8.net)

a8.netのASPアフィリエイトでAMP対応するのは時期尚早

先に結論からいうと、a8.netのASPアフィリエイトでAMP対応するのは時期尚早と思います。

時期尚早である理由

AMP対応のアフィリエイトリンクは通常ページでは表示されず、AMPのページでしか表示されない

逆に通常のアフィリエイトリンクは通常ページ、AMPページの両方で表示される(当然AMPページで表示されても機能しない)

つまり、記事の中に、通常のアフィリエイトリンクと、AMP対応のアフィリエイトリンクを連続で記載すると、通常ページでは、リンクはひとつだけ表示され、AMP対応ページでは、リンクが2つ表示されることになります。

まだ、通常のアフィリエイトリンクがAMPページで表示されないなら、最悪、通常のアフィリエイトリンクとAMP対応のリンクを2つ連続で記載するという方法がありましたが、これではうまくいきません。。。

この組み合わせならAMP対応する価値がある

では、それ以外でAMP対応する価値があるケースはあったか?ですが、ありました。それは、、、

ポイント

LuxeritasでGoogle Adsenseのみの組み合わせ

LuxeritasとGoogle Adsenseの組み合わせでAMP対策の価値があると判断した理由

ポイント

  • Luxeritasだと通常ページとAMPページのスタイルがほぼ変わらない(affinger5ではかなり見た目が変わる)
  • Google Adsenseであれば、通常ページとAMPページ別に作る必要がない
  • a8.netのAMP用アフィリエイトリンクはAMPページでしか表示されず、通常アフィリエイトリンクは通常、AMP用ページの両方に表示される

この様な結果となったので、私の結論としては、

ポイント

  • AMP対応する場合はLuxeritasのテーマを使い、Google Assenseのみとする
  • ASPアフィリエイトを使う際は当面AMP対応はしない。テーマはLuxeritasでも、AffingerでもOK

このように見ていくと、WordpressのテーマであるLuxeritasって無料なのに凄く有用ですね。

-WordPress
-, ,